茅ヶ崎市アパート建築現場④

 

こんにちは。 今日もご覧いただきありがとうございます。

スタイル工房 翔 のブログです。
横浜市泉区に営業所を設ける建築・リフォーム会社でございます。

 

アパートの建築の様子をご紹介しています。

では続きをどうぞ!

 

上棟後、内部の工事が進んでいます。

筋交い③ 筋交い②

筋交い①
柱と柱を間を斜めに入れる筋交いの施工。

筋かいは柱と柱の間に設置されます。
木造軸組工法の住宅で 耐震性に重要な補強材です。
施工することでねじれを防ぎ、横からからの衝撃にも強くなります。

緻密な設計において筋交(耐力壁)の向きや場所が考えられています。

 

筋かいを取りつける場合は筋交い金物を使用して
筋交いと柱をしっかりと固定します。

筋交い金物③ 筋交い金物①

 

 

筋交い金物以外にも柱と梁など接合する部分の
それぞれに適した金物が使われています。
こちらもしっかりとした設計をもとに、適材適所に施工されます。

大きな建物なのでかなりの量の金具が取り付けられています

耐震金物② 耐震金物①耐震金物③ 耐震金物⑥耐震金物④

木造住宅の構造を補強し、耐震性を高める大切な金物です。
安心できる住まいの為に一つひとつ確実に取り付けています。

この後構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)の検査があり
金物が図面通りに取り付けてあるかどうか一箇所ずつ検査・確認されていきます。

 

IMG_7717
構造検査の様子。くまなくチェックが入ります。

 

地震が多い日本に住んでいる私たちにとって
本当に建物は頑丈である必要性がありますね。
備えあれば患いなしです。

このように当たり前の事ですが弊社ではしっかり確実に施工しており
日々安心安全な建築を提供させていただいております。

 

 

スタイル工房 翔
HP:http://style-k-sho.com/index.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>